ウチヤマコーポレーション株式会社 ホーム
コンテンツ
企業情報 取扱商品 採用情報 リンク お問合せ
取扱商品
断熱材
包装資材
建材
機能部品・コルク資材・内装工事 他
EPS関連商品
断熱材
アーマフレックス
「Armaflex」は、1954年アメリカ・アームストロング社で開発された独立気泡ニトリル系合成ゴムのパイプカバー・シートです。全世界における長年の使用実績からその高性能は実証済みです。
▲アーマセル社のホームページへ
用途
●冷媒配管の結露防止  ●冷温水配管の保温・保冷  ●機器の防熱
●ダクト設備の断熱    ●車輛、船舶の保温・防露  ●プラント設備の防熱
特長
超難燃性
酸素指数は34〜39で、他の断熱材に比べ非常に優れた難燃性を持っています。
超難燃性
耐湿性
独立気泡構造のため、極めて高い透湿抵抗を持ち、防湿処理をしなくても長期断熱性能を維持できます。
耐湿性
適用温度
-50℃〜+105℃と幅広い連続使用温度です。また、施工方法により-180℃までご使用が可能です。
適用温度
柔軟性
圧縮クリープ特性に優れた材料で、減肉が少なく折り曲げても潰れることがありません。軽量で柔軟性に富んでいますので、曲がり配管・バルブ等にも優れた施工性を発揮します。
柔軟性
環境にやさしい
フロンを全く使用していませんので、環境にやさしい製品です。銅をおかしませんので、配管にもやさしい材料です。
環境にやさしい
アーマフレックス仕様
Armaflex 仕様
項 目
Class1 Armaflex
Class0 Armaflex
材質
 ニトリル系独立発泡ゴム
(NBR)
ニトリル系独立発泡ゴム
(NBR)
熱伝導率
0.034W/m・K(0℃)
0.034W/m・K(0℃)
透湿比抵抗数
μ≧10,000
μ≧5,000
酸素指数
LOI=34%
LOI=39%
使用温度
【チューブ】
-50℃〜+105℃
【シート】
-50℃〜+85℃
【チューブ】
-50℃〜+105℃
【シート】
-50℃〜+85℃
環境対策
ノンフロン
(GWP、ODPゼロ)
ノンフロン
(GWP、ODPゼロ)
GREENGUARD GOLD
認定・規格
【イギリス燃焼規格】
BS476 Part7 Class1
【アメリカ火災保険】
FM認定
【船舶認定】
Lloyd’s
【鉄道車両用材料試験】
難燃性
【イギリス燃焼規格】
BS476 Part6 Class0
BS476 Part7 Class1
【アメリカ火災保険】
FM認定
【船舶認定】
IMO、DNV、MED
主な用途
・ショーケース、プレハブ冷蔵冷凍庫向け冷媒配管の防露
冷水、ブライン向け配管、タンク、熱交換器、ポンプの防露
・ファンコイル、フレキシブルホースの断熱
・低温倉庫向け配管の防露
冷水、ブライン配管の保温保冷
・冷凍・冷蔵機器関係の防熱
・ダクトの断熱
・防カビ抗菌を必要とする部位にMICROBAN抗菌保護材を内蔵
高温用断熱材(HT/Armaflex)、ハロゲンを含まない断熱材(NH/Armaflex)、超低温用断熱材(LTD/Armaflex)、USA基準の断熱材(AP/Armaflex)につきましては、別途お問い合わせ下さい。
耐久性能 耐久性能イメージ
超難燃性

Armaflexは、他の断熱材に比較して優れた難燃性能で、延焼の心配が全くありません。 冷媒配管などガス溶接作業の現場でも安心してご使用できます。 現場ではその他多くの作業が並行して進んでますから、他からの原因での火災に対しても、超難燃性能は大きな安心につながります。 燃焼性能の判断基準として、酸素指数を他の断熱材と比較しますと、Armaflexがいかに難燃性か理解できます。
Armaflex
発泡
ポリエチレン
発泡スチロール
(自己消火性)
発泡ウレタン
(自己消化性)
酸素
指数
34
19
26
26
※酸素指数は、燃焼の時に必要とする酸素の量を示した値で、数値が大きいほど難燃性となります。
※大気中の酸素濃度は21です。 それに対してArmaflexは、34以上の酸素濃度ががないと燃焼しません。
超難燃性イメージ1
超難燃性イメージ2
防湿性能

断熱材、保温材の性能を左右する因子としては、吸水性が最大のポイントになります。 日本は高温多湿の気候ですから、特に断熱性能を施工当初から長年にわたって維持しなくてはいけません。 それには、空気中の水分をいかに遮断するかが、素材選定の大きな基準になります。 独立気泡ニトリル系合成ゴムのArmaflexは、他の断熱材製品と比較しても吸水性、透過性に優れていますので長時間に安定した性能を発揮いたします。
防湿性能イメージ
吸水率
mg/cm3
0.014
透湿度
g/cm224hr
4.1
透湿率
g/mhpa
7.2*10
Engineered Wallシステム Engineered Wallイメージ

Armaflexのチューブは、「Enginerred Wall」システムで断熱材の厚みを決めています。「Enginerred Wall」とは、例えば、冷媒ガスの配管径が太くなるにつれ、その表面積は増して行き、比例して外部から配管内部への入熱量も増えていきます。それを防止するために、配管径が太くなるにつれ、断熱材の厚みも熱くしていく必要があります。

周辺温度30℃、相対湿度85%で、冷媒配管内温度−10℃とした時配管径12.7mm → 必要断熱厚み 23.5mm以上                        → T−012(32mm)
配管径25.4mm → 必要断熱厚み 28.2mm以上                       → T−025(32mm)
配管径38.1mm → 必要断熱厚み 31.1mm以上                        → T−038(38mm)
配管径50.8mm → 必要断熱厚み 33.1mm以上                        → T−050(38mm)

以上の様に配管径が太くなると、必要断熱厚みも厚くなります。Armaflexは、それをシステム的に行っています。この場合の配管系統は、Tシリーズでご発注頂けますと必要な厚みを、適正な価格でご提供できます。

断面図
この断面でお解りのように、アーマフレックスは配管の径が変わると、自動的にその径に合った理想的な断熱材の厚みになっていますので、表のシリーズでご注文いただくだけで十分です。
優れた施工性
施工例1
軽量で柔軟性があり、曲がり配管やバルブ等の被覆にも背割りの必要がなく簡単に施工でき、長期にわたって性能も維持されますので、安心してご使用いただけます。
(協力会社:(株)レゴリス
      (株)エアーズ
 
▲アーマ施工写真集はこちらです。
▲Armaflex施工研修を行っています・・・申込書
▲アーマニュース
施工例2
種類 アーマフレックス イメージ
肉厚8.5mm〜80mm、内径6mm〜168mmまでの幅広いサイズがあります。このチューブを予め配管に通した後、配管の溶接を行っても、超難燃性のため溶接の火花でも溶けたり、燃えたりしないので作業も楽です。
Class1アーマフレックス
Class1Armaflex
CFCフリーの独立気泡合成ゴム断熱材です。30年以上の実績と開発に基づいた最高品質の信頼の製品です。
NHアーマフレックス
NH/Armaflex
ハロゲン・CFCフリーの独立気泡合成ゴム断熱材です。
【イギリス燃焼規格】
BS476 Part7 Class1
【アメリカ火災保険】
FM認定、UL認定
【船舶認定】
Lloyd’s、IMO、DNV、BV
HTアーマフレックス
HT/Armaflex
適用温度範囲が-50℃〜+150℃までと、特に高温域に適合する独立気泡合成ゴム断熱材です。
【イギリス燃焼規格】

BS476 Part7 Class1
【船舶認定】
Lloyd’s
APアーマフレックス
AP/Armaflex
【アメリカ火災保険】
FM認定、UL94(V-0、5V-A)
【アメリカ防火協会】
NFPA 90A 90B、NFPA 255
【アメリカ材料試験協会】
ASTM E84
断熱材とは?
EPS系断熱材
EPS以外の断熱材